スキンケアはクレンジングと洗顔を重要視しています

私のスキンケアのポイントは、やはりクレンジングです。厳密にいえば、クレンジングと洗顔というべきでしょうか。

メークをきちんと落とさないと、その後の化粧水、あるいは保湿アイテムがすんなり肌に馴染んでくれません。

それどころかダメージを与えてしまうことさえあります。その意味からもクレンジングと洗顔は、スキンケアの中でも重要視すべきものだと思っています。

クレンジングの選び方ですが、ファンデーションと同じブランド、せめて同じメーカーの物を選ぶようにしています。やはりその方がメークとの馴染みがよく、すっきり落ちてくれるからです。

しかし実は過去に一度、他のメーカーの物を使ったことがあります。そこもスキンケアに定評のあるメーカーで、どうしても使ってみたいクレンジングがあったからです。

そのクレンジングもかなり良かったのですが、その後乾燥するようになったので止めました。それからクレンジングをする場合には、気をつけておきたいことがあります。

クレンジングを顔中につけたあと、メークを力まかせにこねまくること、これだけは止めた方がいいです。かえって肌にダメージが出てしまいます。

それからクレンジングの特性上、あまり長い間肌に載せておくのは感心しません。またクレンジングといっても、フルメークを落とすタイプからナチュラルメーク用の物まで様々です。普段の自分のメークと相性のいい物を選びましょう。

あまりフルメークをしない人がオイルタイプを使うと、肌が荒れやすくなることもあります。

その逆に、メークをしっかりする人がウォータータイプを使うと、あまり落ちなくて困るということにもなりかねません。

それと最近は、ダブルクレンジングタイプも多くなっています。

つまり、クレンジングと洗顔が両方一緒にできるタイプですが、私はこのタイプはクレンジング専用として使い、その後洗顔料で洗うようにしています。

洗顔料もフォームや石鹸、あるいはムースタイプなどがありますので、自分にはどのタイプが合うか、決めておくといいでしょう。

ちなみにムースタイプは、泡立てる必要がないのでとても助かります。

洗顔料の選び方ですが、これは好き好きです。ただしスキンケアアイテムを同じシリーズで揃えている場合は、やはり同じシリーズの洗顔料がいいでしょう。

また、ファンデーションも同じシリーズの物を使っている人は、クレンジングもそのシリーズで揃えると、同じ成分が配合されていますので、肌に取ってはプラスの効果が大きいです。 

ちなみに、最近、まゆ毛を生やす(昔細い眉が流行った時に抜きまくって、今、まゆ毛が生えてこない部分があるんです)為に、まゆ毛の育毛剤を使ってて。⇒https://眉毛生やす美容液.xyz

育毛剤の入りをよくしたいから、クレンジングはやっぱりしっかりしないとなと思ってます。

お肌をキレイに保つマイルール

夏は紫外線、冷房の空気、冬は乾燥・・・と、女性のお肌は1年中気をつけなければならないことが多いですよね。

朝起きて、今日はメイクのノリが悪いなぁなんていう日は、それだけで気分が滅入ってしまうもの。おでこ、こめかみなどのニキビトラブルも出来れば避けたいですよね。

私は幼いころから肌が弱く、高校生の時に初めてドラッグストアで購入した安い化粧水で肌トラブルを起こした経験があります。塗った瞬間から、顔が火照ってきてしまい、だんだん痒くなってきてしまったのです。

急いで洗顔し直しましたが、お肌はもうヒリヒリ状態。その日のカフェでのアルバイトに行けなくなるくらい、顔中真っ赤になってしまった経験がありました。

そんな苦い経験を経て、色々な商品を試してきました。その中で、ここ数年落ち着いてリピート買いしているのは、無印良品の化粧水です。

その中でも、敏感肌用・高保湿タイプの化粧水を使い続けています。

まずは洗顔。それから、無印良品のはがして使えるコットンを手に取り、敏感肌用化粧水がひたひたになるほどに化粧水を染み込ませます!

無印良品のはがして使えるコットンは、4枚にはがせる優れもの!化粧水を浸したコットンを4枚にはがし、左右のほっぺとこめかみに張り付けること10分。

コットンを外すときには、お肌が化粧水を吸いこんでくれて、もっちりとした肌になっています!

それから、同じく敏感肌用の乳液を塗ります。あまりお化粧っけがないので、毎朝はこれで終わりです。それでも、お肌が乾燥することなく、しっとりした肌になりますよ!

夜は帰宅したら一刻も早くメイクを落としたいものですよね。しかし、すぐにシャワーに駆け込んで、メイク落としはしません。

わたしは、目元のクマにも悩んでいます。

お風呂場でメイク落としをしてしまうと、マスカラを落とすために、ゴシゴシ強めの力でこすってしますことになりますよね。これもクマの原因の一つなんです。

そこで、シャワーに入る前には、アイメイフオフ専用の商品を使って念入りにマスカラをオフします!

次に、まつげの際まで入れたアイライナーを落とすべく、今度は綿棒に、お水タイプのメイク落としをふくませて念入りにアイライナーを落とします。

綿棒の片側で、左右それぞれのアイライナーを落とすと、まだこんなに付いていたの!?と思うほどにアイライナーが付きます。

綿棒が真っ黒になるのを見たら、もう念入りなアイメイクオフ無しではお風呂に行けなくなりますよ!

目元のメイクをオフしたら、シャワーに行きます。お風呂上がりは、朝と同じように、はがして使えるコットンに、化粧水を十分含ませてからコットンパックをします。

私は日々、この方法で綺麗なお肌をキープしていますよ!ちなみに、そんな敏感肌の私でも安心して使っているアイクリームがあります。こちらを参考に格安で購入⇒https://アイエクストラセラム楽天.xyz

アイエクストラセラムをお手入れの最後に使うようになってからはクマも殆ど気にならなくなりました。おすすめです。

ある日突然飛蚊症に…

小学生の時に近視になり、現在の視力は裸眼で0.1以下。ずっとコンタクトレンズをしています。

半年ほど前のことになります。ノートパソコンを使ってあれこれ調べものをしていて、電源を落として画面を閉じた途端、目の前にフワフワと黒いごみのようなものが浮き上がってきました。

何となく目にホコリのようなものが映る、ということはこれまでにもあり、いつもは数秒後には消えてしまっていましたが、この時は、フワフワ、フワフワ、いつまでたって飛び交っています。

片方ずつ目をつぶってみると、左目は異常はなく、右目だけに映っていることがわかりました。

右目をぱちぱちさせてみたり、まぶたの上から軽くマッサージしてみたりしましたが、消えるどころか、黒い物体の数がどんどん増えていきます。

これはもしかして飛蚊症というものでは?と気が付き、パソコンを再び開いて、検索してみたところ、どうやら間違いなさそう。しかも、飛蚊症が突然起こった時は、網膜剥離の可能性がある、というような記事まで見つかりました。

大急ぎで、近所の眼科を調べると、幸い診療中だったので、保険証をつかんでそのまま駆け込みました。受付で、突然黒い物が目に映るようになったことをしどろもどろで説明し、視力検査をした後で、診察の順番を待つこととなりました。

落ち着かないまま待っている間に、黒い物体は形を変えて、砂嵐のように細かくなっていきます。

ようやく名前を呼ばれ、突然起こった症状を説明しましたが、医師は私の目をチェックすると、「加齢によって誰にでも起きる症状です。僕もなっています。」と。

医師の説明によると、硝子体が縮んで起こる現象で、近視の場合は早くに発症する傾向があり、何万人かに1人くらいの割合で、網膜剥離を発症するケースもあるそうです。

宝くじに当たるのと同じような確率だけれども、最近では来院前にインターネットで調べて、青くなって駆け込んでくる人が増えているということでした。

宝くじに当たるような確率とはいえ、全く心配ないわけではありません。その日は、念のために、瞳孔を開く目薬を差してもらって丁寧にチェックをしてもらい、1週間後にまた診てもらうことになりました。

薬が出される訳でもなく、食事や睡眠など、生活態度に注意をする必要もなく、いつも通りにしていてください、とのこと。

ただし、一度起こった飛蚊症は消えることはなく、見え方に多少の変化はあってもずっと続くということで、これもまたショック。

「すぐに慣れますよ」と言われましたが、ホッとしていいのかどうか、複雑な気持ちで眼科を後にしました。

とはいえ、目をいたわることはとても大切だと実感したので、スマホやパソコンの時間はすごく短くしたり、なるべく目を休めるように工夫しています。

あと、サプリもいいみたいだと友達に聞いたので、早速試してます。(こちらを購入⇒https://えんきんお試し.xyz

その後症状は次第に収まり、3か月たった今では、医師の指摘通りに慣れてしまい、外の日差しを浴びている時に気になる程度です。

今では、いずれ左目にも起こるんだろうな~と開き直って考えられるまでになっています

アンティークにハマって10年!

アンティークの魅力にハマって10年。最初は友達が持っていた小さい雑貨。

新しくはないし、古びているけれど、どこか魅力的。それがアンティークをいいなと思うようになったきっかけでした。

以来、アンティークを扱うあちこちの店やイベントに足を運び、予算が無いので大物は買えず、雑貨や食器を買って集めてきました。

買えないけれど、家具は本当に魅力的で、私はフォルムが好みのものが多いので、チェストとかドロワーが欲しいんです。

全体のフォルム、引き出しの数と全体のバランス、脚の形、どれをとってもツボなドロワーやチェストがいっぱいで。

まあ安くても10万円前後に気に入るものが多いので、ちょっと諦め気味です。

雑貨や食器をちょっとずつ買って楽しんでたんですが、結婚して自分も仕事しながら自由に使えるお金も増えたし、インテリアにアンティークを取り入れることを夫が喜ぶので、最近は少しずつ家具も買うように♪。念願かなって幸せな日です。

最近はアンティークの家具や雑貨とともに、アンティーク風の家具を一緒に販売してるお店も結構増えているんです。

そういうお店はやや不便な場所にあったりするのですが、私はみているだけで何時間も過ごせるので。

さすがに夫はそこしかないと、飽きてしまうようですが。なので、自分一人で行くことが多いかな。

アンティークには高級な素材を使った、たったひとつしかない一点ものも多く、これだというものに巡り会えたら、是非手に入れたくなります。

とはいえ、お高いものも多いし、数十万も使えない私は、あきらめることになるのですが。

そんな私にとって、スタンダードなアンティーク家具に似せて作られている家具、は手の届く魅力的な商品。

さすがにアンティークが買えないので、このような家具も納得できる商品に出会えれば積極的に利用して、インテリア全体の雰囲気だけでも、本物に近づけています。

最近はラグとか、置物にも興味がわいてきましたね。部屋全体の印象を考える上では欠かせないアイテムたちで、アンティーク家具の魅力を引き立ててくれるから。

ただ、やっぱり、本物のアンティークのもつ重みや味わいにはかなわなくて、夫はわからないよと言うけれど、そのあたりがまあ不満です。

この先、なるべくいい掘り出し物のアンティークに出会えるように、色々なところへ顔出ししていこうと思ってます。