お肌をキレイに保つマイルール

夏は紫外線、冷房の空気、冬は乾燥・・・と、女性のお肌は1年中気をつけなければならないことが多いですよね。

朝起きて、今日はメイクのノリが悪いなぁなんていう日は、それだけで気分が滅入ってしまうもの。おでこ、こめかみなどのニキビトラブルも出来れば避けたいですよね。

私は幼いころから肌が弱く、高校生の時に初めてドラッグストアで購入した安い化粧水で肌トラブルを起こした経験があります。塗った瞬間から、顔が火照ってきてしまい、だんだん痒くなってきてしまったのです。

急いで洗顔し直しましたが、お肌はもうヒリヒリ状態。その日のカフェでのアルバイトに行けなくなるくらい、顔中真っ赤になってしまった経験がありました。

そんな苦い経験を経て、色々な商品を試してきました。その中で、ここ数年落ち着いてリピート買いしているのは、無印良品の化粧水です。

その中でも、敏感肌用・高保湿タイプの化粧水を使い続けています。

まずは洗顔。それから、無印良品のはがして使えるコットンを手に取り、敏感肌用化粧水がひたひたになるほどに化粧水を染み込ませます!

無印良品のはがして使えるコットンは、4枚にはがせる優れもの!化粧水を浸したコットンを4枚にはがし、左右のほっぺとこめかみに張り付けること10分。

コットンを外すときには、お肌が化粧水を吸いこんでくれて、もっちりとした肌になっています!

それから、同じく敏感肌用の乳液を塗ります。あまりお化粧っけがないので、毎朝はこれで終わりです。それでも、お肌が乾燥することなく、しっとりした肌になりますよ!

夜は帰宅したら一刻も早くメイクを落としたいものですよね。しかし、すぐにシャワーに駆け込んで、メイク落としはしません。

わたしは、目元のクマにも悩んでいます。

お風呂場でメイク落としをしてしまうと、マスカラを落とすために、ゴシゴシ強めの力でこすってしますことになりますよね。これもクマの原因の一つなんです。

そこで、シャワーに入る前には、アイメイフオフ専用の商品を使って念入りにマスカラをオフします!

次に、まつげの際まで入れたアイライナーを落とすべく、今度は綿棒に、お水タイプのメイク落としをふくませて念入りにアイライナーを落とします。

綿棒の片側で、左右それぞれのアイライナーを落とすと、まだこんなに付いていたの!?と思うほどにアイライナーが付きます。

綿棒が真っ黒になるのを見たら、もう念入りなアイメイクオフ無しではお風呂に行けなくなりますよ!

目元のメイクをオフしたら、シャワーに行きます。お風呂上がりは、朝と同じように、はがして使えるコットンに、化粧水を十分含ませてからコットンパックをします。

私は日々、この方法で綺麗なお肌をキープしていますよ!ちなみに、そんな敏感肌の私でも安心して使っているアイクリームがあります。こちらを参考に格安で購入⇒https://アイエクストラセラム楽天.xyz

アイエクストラセラムをお手入れの最後に使うようになってからはクマも殆ど気にならなくなりました。おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です